秋田県総合食品研究所 ARIF
研修のご案内  −  研修 および 研修員制度 −

  総合食品研究センターでは、食品関連企業・団体の皆様が ご利用いただける様々な研修を用意しています。

パン

味噌

研修風景〔H28年度の様子〕


●研 修

 年間カリキュラムに基づいて、座学や実習を行っています。また、依頼に基づく研修も行っています。


●研修員制度
 企業からの研修員を受け入れ、基礎から応用に至る技術習得や新商品開発を、人材育成の側面から バックアップします。

 研修員制度のご案内(PDF)
 研修員要綱(PDF)


 
平成30年度 研修
 

−  基礎研修  実践研修  出前研修  −



〈お申し込み方法〉

 受講する研修が決まりましたら、研修申込書をFAXまたは郵送で総合食品研究センターあてにご提出ください。メールでもお申し込みいただけます。

FAX : 018-888-2000
Mail : kensyu@arif.pref.akita.jp
研修担当:樋渡・児玉(TEL 018-888-2000)

 ・ 平成30年度 研修案内(PDF)
 ・ 平成30年度 研修申込書(PDF)  平成30年度 研修申込書(word)


● T) 基礎研修 〔会場:総合食品研究センター〕 *出前研修としても対応できます  
  

企業における食品加工の技術向上や、加工グループの研修などにご利用ください。

 コース名

 内     容

 日  時

費 用
食品加工の基礎 食品加工ガイドブック(秋田県発行)をもとに、食品加工の基礎(食品加工の心構え、加工食品の分類、加工販売するための手続き等)について解説します。併せて、食品加工の基本操作の実習も行います。
(担当:上原健二)
9月4日(火)
10:00-12:00
無 料
レシピから食品表示を作る 加工食品の表示の作り方を基礎から説明いたします。その後、レシピを元に参加者の方に実際に食品表示を作成していただきます。義務化された原料原産地表示についても解説します。(担当:樋渡一之、県民生活課) 9月6日(木)
10:00-14:00
有 料
HACCPのための
衛生管理の基本
まもなく義務化されるHACCP制度において、その前提となる一般的衛生管理がとても重要です。本研修では基礎的・一般的な衛生管理の具体的方法について、座学と実習で学びます。(担当:尾張かおる、生活衛生課) 11月6日(火)
13:30-16:00
有 料
科学的根拠に基づく賞味期限設定の実務 賞味期限の考え方や科学的根拠に基づいた賞味期限の設定方法についてわかりやすく説明いたします。また加工食品を使用して官能検査の手法についても解説いたします。
(担当:佐々木玲、梅川結)
12月14日(金)
13:00-16:00
有 料

 ※ 有料講座の受講費は1研修1人あたり2,000円です。


● U) 実践研修 〔会場:総合食品研究センター〕 *出前研修としても対応できます
 
企業における食品加工の技術向上や、加工グループの研修などにご利用ください。

 コース名

 内     容

 日  時

費 用
いぶりがっこ利用 いぶりがっこ端材(切れ端)の利用について提案します。調理パン素材、デリカ総菜素材(タルタルソース、ポテトサラダ)などとしての利用について提案します。いぶりがっこ販売ビジネスのモデルとしてのいぶりがっこ端材(切れ端)の販売法についても提案いたします。(担当:高畠聡) 9月20日(木)
11:00-14:00
無 料
しょっつるの歴史と利用法 秋田の伝統調味料しょっつるの歴史について解説します。簡単な速醸法による仕込みも行います。
(担当:渡辺隆幸、杉本勇人、塚本研一)
9月26日(水)
10:00-12:00
有 料
美味しく!酒粕の利用 調味素材としての清酒酒粕の利用について提案いたします。洋風ソース(デミグラスソース、ホワイトソースなど)への酒粕の利用について提案します。酒粕入り洋風ソースを利用とした商品・調理メニューモデルや酒粕を利用した菓子、デザートメニューも紹介いたします。(担当:高畠聡) 10月3日(水)
11:00-14:00
無 料
いぶりがっこ いぶりがっこの特徴や、大根の新品種の特性などについて解説します。新しいレシピを使った簡単な製造実習も行います。
(担当:佐々木康子、渡辺隆幸)
10月4日(木)
10:00-12:00
有 料
煎餅の製造方法とお米の知識 煎餅の製造方法について実習(焼く、揚げる)を通して学びます。また、煎餅製造の上で重要となる米や澱粉の特性についても説明します。(担当:橋徹) 10月25日(木)
10:00-12:00
有 料
スマイルケア食 新しい介護食品「スマイルケア食」を知って、健康的な生活に役立てましょう!高齢者の健康について、スマイルケア食とは?秋田県のスマイルケア食への取り組み、県内企業の取り組み等を紹介します。
(担当:松井ふゆみ)
12月7日(金)
10:00-11:30
無 料
甘酒の美味しい作り方秋田オリジナル麹「あめこうじ」の活用 糖化温度の違いによる甘酒の経時変化の観察など、甘酒作りの実習を行いながら、麹の役割と甘酒ができる仕組、及び「あめこうじ」の特徴と活用について学びます。
(担当:上原健二、小笠原博信)
平成31年
1月18日(金)
10:00-15:00
有 料
食品衛生検査研修 食品中の一般生菌数・大腸菌群数などの基本的な測定方法を初歩から実習します。特別に実習したい検査項目がある場合には、オーダーメイドの検査研修にも対応しますので事前に御相談ください。
(担当:佐々木康子)
連続する2日間の研修です。日程、時間はご相談ください。 有 料

※ 有料講座の受講費は1研修1人あたり2,000円です。





  V) 出前研修 〔会場:総合食品研究センター他〕
 

 ○上記「基礎研修」「実践研修」のコースに加え、以下のコースはご要望に応じて個別に開催する ことができます。

 日時、内容など希望される日の1ヶ月前までにご相談ください。

 <出前研修専用メニュー>

 コース名

 内     容

 日  時

費 用
HACCP研修 まもなくHACCP制度が義務化されます。本研修では、業界団体が作成したHACCPに沿った衛生管理の手引書を基に、HACCPの考え方、導入方法とその実際について解説します。業界ごとに対応します。(担当:尾張かおる) 要相談 無 料
計算法による
栄養成分値の求め方
平成32年3月31日に義務化となる栄養成分表示について、日本食品標準成分表などの公的データベース等から使用した原材料の栄養成分値を入手し、商品の栄養成分値を算出する手法を学びます。
(担当:松井ふゆみ、佐々木玲)
要相談 無 料
ご当地米菓 うす煎餅生地を利用した商品化・調理メニュー化モデルを提案します。道の駅や飲食施設等でのうす煎餅生地の利用例を中心に「米どころ、あきた!」を訴求する提案をいたします。(担当:高畠聡) 要相談 無 料
秋田美桜酵母の魅力 秋田県の桜の花から分離した酵母を利用して様々な発酵食品を開発しました。これまでに、地ビール、ワイン、日本酒、パンなどの製造に使用されています。本研修では、酵母の魅力と使用方法を解説します。
(担当:進藤昌)
要相談 無 料


トップページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright Akita Research Institute of Food and Brewing.

■秋田県へのリンク
 美の国あきた