秋田県総合食品研究所 ARIF
研究センター紹介 −沿革

大正12年 通常秋田県議会醸造試験場設置建議案可決
昭和2年10月 秋田県工業試験場醸造部として、秋田市上中城町に創設
昭和6年5月 秋田県醸造試験場として独立。研究員5名清酒、味噌、調味料、清涼飲料水に関する研究開始
昭和25年11月 秋田市本町に新築移転
昭和29年11月 秋田市長野町に新築移転
昭和40年4月 秋田市八橋(旧醸造試験場)に新築移転研究員7名酒類部門、発酵食品部門
昭和41年4月 系科制施行(管理系、醸造科、分析科)
昭和43年4月 改組(管理系、指導科、研究科)
昭和45年4月 改組(管理系、酒類科、発酵食品科)
昭和49年 食品加工部門を設置(管理科、酒類科、発酵食品科、食品加工科)研究員10名
昭和60年 県、バイオテクノロジー研究構想と試験研究体制の強化について検討
昭和61年 秋田県議会(高度技術産業・交通対策特別委員会)がバイオテクノロジー研究の推進と県食品産業振興策について提言
醸造試験場研究体制の強化拡充決定(微生物応用)
醸造試験場の整備強化構想について検討開始
平成元年5月 県食品加工産業懇談会発足(構成産学官)
平成元年12月 県食品関係団体と県議会商工観光議員連盟、醸造試験場の整備強化策提案
平成2年4月 県醸造試験場整備検討委員会発足、検討開始
県食品研究所構想策定(商工労働部)
平成2年8月 県食品研究所整備検討委員会発足、検討開始
平成3年4月 県総合食品研究所整備基本構想策定
農政部へ移管
平成4年2月 県議会、県総合食品研究所設置事業調査予算可決
平成5年2月 県議会、県総合食品研究所設置事業予算可決
平成5年4月 県食品研究所建設事業着手
平成7年4月 県総合食品研究所開所
(内部組織:食品加工研究所・醸造試験場・総務管理課)
平成8年4月 行政改革により、農業技術交流館(現農業研修センター)・加工部門を分室として統合
平成13年4月 生物機能第二担当新設
平成18年4月 農林水産関係機関を統合し、秋田県農林水産技術センター 総合食品研究所に改組、改称
平成21年4月  秋田県総合食品研究所に改組、改称
平成22年4月  産業労働部の研究機関となり、秋田県総合食品研究センターに改組、改称 
平成24年4月  観光文化スポーツ部の研究機関となる 

トップページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright Akita Research Institute of Food and Brewing.1997-2010

■秋田県へのリンク
 美の国あきた